左THA(人工股関節全置換術) 入院日記


術後26日目

午前中は相変わらずすることがないので、とりあえずシャワーを浴びる。(最近は慣れてきて20分くらいで上がれるようになった。)

その後、外泊中に図書館で借りてきた本を読む・・・。これで午前中は終わり。なんて退屈なんだ。

お昼。昼食が運ばれてきて気づいたこと。今日の昼食、入院した日に出た昼食と同じ献立。・・・入院してから1ヶ月たっていたことに、献立で気づく。

午後、リハビリ。30kg荷重のはずが、35kg近く荷重していたことが判明。でもリハの先生に「これくらい大丈夫でしょう。問題があればもっと早い時期に痛みが出てるはずだし。」と言われ、ほっとする。

夕方、主治医の先生が病室にやってきた。外泊はどうだったかと聞かれ、松葉杖で部屋の中で過ごすのが大変だったと伝えると、「まぁ、もうちょっとしたら 45kg荷重にするから、そしたらもう少し楽になるから、もうちょっと待ってね。」との返事。ってことはやはり45kg荷重で退院ってことなのかな。まっそれでもいいかなと思い始めてるけど。

夕食後、いつもの自主トレ。1階の人のいない外来フロアを歩く。随分と歩くのが楽になっている。広いところを歩くのは、外出や外泊でかなり自信がついたかも。


術後27日目

今日は火曜日、総回診の日。総回診は朝8:30頃から始まる。
主治医の先生が他の先生や理学療法士さんや婦長さんを引き連れて、病室内の患者を一人一人まわっていく。
私の場合は明日のレントゲンで問題がなければ荷重を上げるということがもう言われているので、総回診では確認するだけ。(退院の時期をどうするかという話題が出るのは総回診の時が多いようだけど。)

火曜日はお風呂の日でもある。もうすでに介助なしでシャワーを浴びれるけど、火曜日はお風呂にお湯がためられて、湯船に浸かれる。
今日は術後、湯船に初挑戦してみた。まずはいつものようにシャワーを浴びてから、湯船の縁に腰掛けて、オペした左足を手で持ち上げながら湯船の方へと持っていく。ちょっと怖かったけど、オペ足がお湯に入ってしまえば後は考えなくても湯船に入れた。出る時は逆に軸足を先に出してから、立ち上がるようにして湯船から出た。こちらは浮力があるせいか簡単に出来た。気持ち良かったなぁ。


術後28日目

今日で手術から4週目となった。

朝は水曜恒例の採血。(痛いのはキライ。)

午前中、いつものようにシャワーを浴び、昼食までの時間をウトウトとしていたらレントゲンに呼ばれた。このレントゲンの結果によって荷重が上がるのかどうか決まる。

夕食後、主治医の先生が部屋にやってきた。待ってましたとばかりに、「レントゲン、どうでしたか?」と聞いてみる。問題ないよとの答えにすかさず、「じゃあ、荷重は45kgになるんですか?」と聞いてみると、「うん、そうだね。」と言って、リハの先生に電話で連絡を取り始めた。
私の担当のリハの先生はもう帰ってしまった後だったらしいが、明日から45kg荷重でと伝言を残したようでかなり安心した。これで晴れて明日から片松葉と行きたいところだけど、リハの先生、明日はお休み。なので実際に45kg荷重になるのは金曜日から。それでもすっごくうれしい。ようやくまた一歩前進だな。


術後29日目

今日はリハの先生がお休みの日。
母が昼頃に来て外出することになった。でも外はあいにくの雨。幸い、どしゃぶりではなかったので、タクシーで近くのデパー トへ行くことにした。

少し遅めのランチをたらふく食べて、雑貨を見て回って過ごした。ちょっと疲れたけど、いい気分転換になったかな。明日は2度目の外泊 をする予定。お天気、回復してくれるといいな。

今になって思うこと
この頃は外泊もした後だし、やたらと外出したくて仕方がありませんでした。ちょっとくらいの雨だったら、かまわず外出でした。


術後30日目

今日から荷重が45kgになる、そして今日は2度目の外泊の日。
少しわくわくする。と、言っても相変わらず午前中は何もすることがない。本を読んだり、ウトウトとしたり、お部屋の人とお話をしたりしながら過ごす。

午後、いよいよリハビリの時間。いつものようにマッサージをしてもらい、いつものように筋トレ。(最近は、随分と力がついてきたと実感できる。)
そしていよいよ歩行練習。 まずは両松葉でいつもよりも踏み込んでみる。45kg以上の荷重がかかるとピッっと音が出る計測器をつけているのに、なかなか音が鳴らない。途中から片松葉で歩いてみる。今度は計測器の音が出る。とても歩きやすい。いくらでも歩けてしまいそう。
45kg荷重だと軸足にかかる負担も減るようだし、何よりもオペした足で歩いているという感覚があって楽しくなる。
リハの先生からは、痛みが出たらすぐに両松葉にすること、転ばないように気をつけることなどの注意を受けてリハビリ終了。これでかなり前進したな。

病室にもどり外泊の準備をしていると、同室の人のお見舞いの方から葛餅と、ところてんをいただいたので、おやつタイムに突入。同室のみんなでおいしくいただいた。ちょうど食べ終えた頃に夫が迎えに来た。グッドタイミングだな。

帰りに車は前回ほどの渋滞に巻き込まれることもなく、1時間程度で自宅に到着。それでもやっぱり車は疲れた。

今になって思うこと
RAO(臼蓋回転骨きり術)で入院した病院は、徹底したカロリー計算のもとで食事は全てダイエット食でした。もちろん間食は許されませんでした。そのせいで、入院患者は影でこっそりお菓子を食べたりしていたので、まるで学生の合宿のようでした。 今回入院した病院はそんなこともなく、病室はいつもお菓子が飛び交って(?)いました。3時頃になるとみんなでおやつをするのが楽しみの一つでもありました。

このページのトップへ戻ります  次のページへ

Google
Web applecider.sakura.ne.jp
サイト内検索は↑ココ(applecider.ne.jp)を
クリックしてから検索ボタンを押してください
Top
Appleciders Diary(ブログ)
BBS(掲示板)
Profile
History
左人工股関節全置換術 入院日記
変形性股関節症
靴にこだわる
お役立ちグッズ
Blog過去記事リンク集
リンク集
E-Mail